尾瀬の日帰り散策は鳩待峠からが最適

  • 尾瀬の日帰りバスツアーはどんな商品?

    • 東京を始めとした都心エリアから、日帰りでトレッキングを楽しめるエリアとして長年の人気を誇っているのが群馬県・新潟県・福島県にある尾瀬国立公園であり、バスツアーは多くの旅行会社が商品として提供しています。

      大阪から沖縄の価値ある情報を探してみてください。

      日帰りツアーの出発は深夜の0泊2日か早朝発のどちらかから選べるので、深夜発で行く場合は日の出前後からトレッキングを始められます。

      バスツアーで大型バスを使う場合は、途中の経由地で小型シャトルバスに乗り換えてから行くプランもあるので、スケジュールや参加定員などをしっかり確認しておきましょう。


      登山口到着からバス出発までは、参加者が各自で行程を決めるツアーが多いので、尾瀬のトレッキングマップや散策サイト等を活用して夕方までにどこを歩くかを考えておくと無理な行程にならずに済み、4時間〜10時間の範囲で尾瀬を満喫出来て素敵な思い出を作れるでしょう。



      バスツアーにおける食事は、オプションで多くの事業者がキノコご飯弁当を選べるプランを導入しており、弁当を希望しない場合は昼食は持参する形となります。


      持参する昼食は、おにぎり・パンといった炭水化物をメインにしておくと体力の消耗が少なくて済むので、それにプラスしてタンパク質豊富な総菜などを持って行くと楽しく食事が楽しめます。


      日帰りツアーでは帰りの行程で温浴施設に立ち寄る事があり、トレッキングの疲れをしっかりと癒せて翌日に疲れを残さないようになっているので、入浴グッズの持参も忘れないようにしましょう。



top