尾瀬の日帰り散策は鳩待峠からが最適

  • 健脚自慢なら誰でも参加出来る尾瀬日帰りバスツアー

    • 山ガールや日帰りトレッキングといった登山用語を最近聞くようになりましたが、関東から気軽に行けるトレッキングエリアとして大変な人気を集めているのが尾瀬高原です。


      尾瀬は新幹線や私鉄で最寄り駅に到着してからアクセスバスで登山口まで行く事が可能であり、それ以外の移動手段であるバスツアーの場合は乗り継ぎなしで登山口まで行けます。


      一部のバスツアーに関しては大型バスで乗り継ぎポイントまで行ってそこからシャトルバスに乗り換える方法もあります。


      日帰りツアーは5月下旬〜10月のシーズンに募集する旅行会社が多く、季節によって高山植物や山の植生が変わっていく事で1年に何度訪れても楽しめるエリアと言えるので、時間に余裕がある場合はリピートをしてツアーを堪能しましょう。尾瀬日帰りバスツアーで必要な装備品は、険しい山岳地帯を登るといった散策路は歩かないので、木道が湿っていても安全なトレッキングシューズ・雨具・下半身が動きやすいスパッツ・帽子等は必需品と言えます。

      初めてでもわかりやすい、東京から大阪の夜行バスを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

      尾瀬は高山で都市とは違った気象条件(山岳エリアで雷の発生やにわか雨が降る)で、突然の気候変化に対応できるようにしておくと装備品が濡れずに済みます。



      日帰りのトレッキングは10Km〜15Kmといった長距離を歩く事で汗を多くかきますが、昼食時の弁当に加えてすぐにエネルギーになる炭水化物多めの軽食類を用意しておくと午後の散策も疲れる事がないので、スポーツドリンクと共に持って行きましょう。



top